コンテンツのあり方

著作権について考える時、これからの多様化するコンテンツについても考えてしまうかもしれません。現在、特定の著作物がどのように活用されるべきか、という点で議論が起こることがあります。インターネット社会になってから、それらの扱いは、非常に難しくなりました。どこまでは許されるのか、どこからは許されないのか、そういった線引きが難しい分野もあることは、確かです。

音楽や動画等のコンテンツに関しては、特にそう言えます。いわゆる『個人使用』に当たるのが、どこまでのラインなのか、そういった点において曖昧な部分があるのも確かです。コンテンツに取っては、それが広まるという意味では、ある程度オープンなのは良いことです。しかし、あまりオープンになりすぎても問題があるかもしれません。著作物に関する権利を本来持っている私達が、それを良い意味で行使することができるような、仕組みが作られていくことが求められます。

著作物やそれに関する権利を守る上ではそれについて良く知っていることが何よりも大切です。その権利を利用する場合でも、どこに承諾を取る必要があるのか、どの範囲まで活用ができるのか、という点を把握しておくなら、問題にならずに済みます。

関連サイト|http://www.assetmanager.jp/contentid/
動画サイトに投稿されたコンテンツの著作権を保護しているサービスです。

著作物の取り扱い

先ほども記述したように、誰かが作った著作物(著作権が定められているもの)は、基本的に勝手に利用してはいけません。「利用」というのは範囲が曖昧な部分もありますが、その基本的な権利を侵害するような使い方をすることは出来ません。もし、著作権を侵害してしまった場合、法律によって罰せられることになりますが、侵害の場合懲役刑また罰金刑どちらにも対応することがあります。私達が思っている以上に、著作権侵害で負わされる罰則は重いのです。ただし、この著作権侵害にはいくつかの規定があり、それらが細かく分離化されています。

そこで重要になるのが、『親告罪』に関することです。これは、勝手に検察側が訴訟を行うことはできず、『告訴』…いわゆる権利を侵害された側(個人や会社)などが直接的に、個人等に訴訟を行わないと、罰せられないというものです。これが、著作権侵害におけるいくつかの事例に当てはまります。

親告罪かかわりなく適用されそうな事例としては、誰か(企業)が正式に販売している著作物を、第三者に複製して販売したなどの事例です。事件として成立しやすい事例となりますが、逆にほとんど成立しない案件もあるなど、現実的には微妙な部分があるのも事実です。

著作権侵害とは

とある自分が作成した芸術作品を模倣されることは気分の良いものではありません。それは、まさに自分が作り出した『著作物』を、丸々『侵害』されたのと、同じと言えます。これは様々なコンテンツに言えることですが、実際どの基準で『著作権の侵害』となるのか、この判断が難しい分野もあります。絵画や音楽、ゲームに小説…そういったコンテンツが増えていく中で、一つ一つを取りあげて侵害を訴えて行くことも難しい時代と言えます。

しかし、もしその人が行ったことが、『著作権侵害』と認められるのであれば、当事者は罰を受けることがあります。これには、誰かの著作物を自分のものとして発表、販売することだけでなく、誰かの著作物を勝手に創作活動等に用いたり、商用利用することなども含まれます。

著作権フリーの作品でない限り、誰かから産み出されたものには、『著作権』が付与されます。また、実際にそれを利用すると言うことに関して承諾を受けている場合は著作権の侵害には当たりません。全く無関係の第三者がそれを勝手に扱うことに関して、問題があるのです。「扱う」というのは、単にその作品を「見る」とか、音楽を「聴く」と言うこととは完全な違いがあります。

著作物と著作権

名作、と思える芸術品をこの手で作り上げたとします。それは誰から見ても価値の有る者となり、今後高い価値が発生することが予想されるものとなります。まだそれは発表段階にはありませんが、発表されれば話題をかっさらっていくことは確実です。しかし、その一方でその最高の芸術品を模倣した作品が出てきてしまって、そちらが先に発表されてしまったので、自分が先であるとも文句も言えず、結局模倣された側なのに泣き寝入りをしなければならなかった、と言う例を考えると、個人が創った物、いわゆる著作物は、保護されるべきである、と考えられます。

どこからが個人の著作物で、どこからは誰が用い手良いのかというのは難しい点ですが、基本的に個人の著作物を他人が盗用することは法律違反です。これが認められた場合、または訴えられた場合、不利になるような言動や証拠があるのも良くない方向に働くことがあります。どちらにしても私達は自分対の著作物に関して良くない用いられ方が分かっていられれば良いのですから、それらの共通点を追求することが出来ます。

私達の作った著作物は守られるべきで亜ありますが、この時代において自分たちのモノをどうにかするというのも重要なこと、管理が求められている場合は特にそうであると得います。そして、もしそれらの権利が侵された場合、私達はそれらに対して訴えを起こすことができます。 著作権などのことに関する話は、あくまで解決出来ます。