著作物と著作権

名作、と思える芸術品をこの手で作り上げたとします。それは誰から見ても価値の有る者となり、今後高い価値が発生することが予想されるものとなります。まだそれは発表段階にはありませんが、発表されれば話題をかっさらっていくことは確実です。しかし、その一方でその最高の芸術品を模倣した作品が出てきてしまって、そちらが先に発表されてしまったので、自分が先であるとも文句も言えず、結局模倣された側なのに泣き寝入りをしなければならなかった、と言う例を考えると、個人が創った物、いわゆる著作物は、保護されるべきである、と考えられます。

どこからが個人の著作物で、どこからは誰が用い手良いのかというのは難しい点ですが、基本的に個人の著作物を他人が盗用することは法律違反です。これが認められた場合、または訴えられた場合、不利になるような言動や証拠があるのも良くない方向に働くことがあります。どちらにしても私達は自分対の著作物に関して良くない用いられ方が分かっていられれば良いのですから、それらの共通点を追求することが出来ます。

私達の作った著作物は守られるべきで亜ありますが、この時代において自分たちのモノをどうにかするというのも重要なこと、管理が求められている場合は特にそうであると得います。そして、もしそれらの権利が侵された場合、私達はそれらに対して訴えを起こすことができます。 著作権などのことに関する話は、あくまで解決出来ます。