コンテンツのあり方

著作権について考える時、これからの多様化するコンテンツについても考えてしまうかもしれません。現在、特定の著作物がどのように活用されるべきか、という点で議論が起こることがあります。インターネット社会になってから、それらの扱いは、非常に難しくなりました。どこまでは許されるのか、どこからは許されないのか、そういった線引きが難しい分野もあることは、確かです。

音楽や動画等のコンテンツに関しては、特にそう言えます。いわゆる『個人使用』に当たるのが、どこまでのラインなのか、そういった点において曖昧な部分があるのも確かです。コンテンツに取っては、それが広まるという意味では、ある程度オープンなのは良いことです。しかし、あまりオープンになりすぎても問題があるかもしれません。著作物に関する権利を本来持っている私達が、それを良い意味で行使することができるような、仕組みが作られていくことが求められます。

著作物やそれに関する権利を守る上ではそれについて良く知っていることが何よりも大切です。その権利を利用する場合でも、どこに承諾を取る必要があるのか、どの範囲まで活用ができるのか、という点を把握しておくなら、問題にならずに済みます。

関連サイト|http://www.assetmanager.jp/contentid/
動画サイトに投稿されたコンテンツの著作権を保護しているサービスです。