著作権侵害とは

とある自分が作成した芸術作品を模倣されることは気分の良いものではありません。それは、まさに自分が作り出した『著作物』を、丸々『侵害』されたのと、同じと言えます。これは様々なコンテンツに言えることですが、実際どの基準で『著作権の侵害』となるのか、この判断が難しい分野もあります。絵画や音楽、ゲームに小説…そういったコンテンツが増えていく中で、一つ一つを取りあげて侵害を訴えて行くことも難しい時代と言えます。

しかし、もしその人が行ったことが、『著作権侵害』と認められるのであれば、当事者は罰を受けることがあります。これには、誰かの著作物を自分のものとして発表、販売することだけでなく、誰かの著作物を勝手に創作活動等に用いたり、商用利用することなども含まれます。

著作権フリーの作品でない限り、誰かから産み出されたものには、『著作権』が付与されます。また、実際にそれを利用すると言うことに関して承諾を受けている場合は著作権の侵害には当たりません。全く無関係の第三者がそれを勝手に扱うことに関して、問題があるのです。「扱う」というのは、単にその作品を「見る」とか、音楽を「聴く」と言うこととは完全な違いがあります。